第十九話  お知らせ

 第十九話  お知らせ

2017年3月23日

 開設したばかりの個人ブログですが、筆に没頭するため、しばらくは更新の頻度を下げると思います。
それと、各話で出しすぎたと思うものがたくさんありますので、
そのほとんどを暫くの間、読めないよう、非公開にしてしまいますが、
夜が明けたら再び公開しますね。



 私信、みゆきちゃん、今回、やってくれたね?
本当にありがとう。

でなきゃ、ここに辿り着けるわけがないから。


近く消す。







ハムカツ食べたいけど、
ソースないよ。





21時47分加筆
21時20分頃からずっと、甘く溶けてゆきそうなほど、胸を中心に広がる気持ちよさ。
これは22日就寝前の人と同じ人だ。


第十六話  ブログバナーと女断ち

0

     第十六話  ブログバナーと女断ち

    2017年3月20日


     新しいブログバナーできました。

      

    とりあえずメインブログに張っておきました。

    内容はあの、2007年公開の映画のパロディですな。


    <a href="http://tubakikaoru.jugem.jp/" target="_blank"><img src="http://www.osk.3web.ne.jp/~lovenet/hageanime01.gif" border="0"></a>

    LINKしてくださる奇特な方がおられましたなら、ダウンロードをせずに、「このアドレスを使ってくださいな。」
    中身の修正を度々するかもしれませんので。



     話は変わりまして、長らく貫き通してきました女断ちですが、やはり解禁してしまうにはもったいない、
    そう考え直しています。 だって、せっかくここまで来たんですからね。
    やはりここは、どうせなら出版されるまで続けてみようかなと。
    出版された以降はもちろん彼女作ります。
    もしかすると、もしかすると?
    ワタシの希望としてはですけど、出版についてもんもんと悩んでいた頃に縁あった人とか? 今更ですが探すかもしれません。

    このワタシがね? 指一本触れない宣言さえ当時していなければ、とうに結ばれていたはずなんですもん、その方とは。
    問題は今既婚なのか独身なのか、ですよね。 もしかするとバツイチかもしれないが、そんなこと気にする小さい男ではありませんしね。

    さあ、21年かかった最後のラストスパート、いきますか。




     そうそう、女断ちを意地になった理由があるんですよ。
    当時は日記サイトを時折書いていまして、そこにも記した記憶があるんですが、
    ワタシ、当時は年に一度程度、カードで神託の真似事しておりました。 当時はね。
    出版は成功するのか?  
    78枚の中からシャッフルして1枚を選ぶ。
    出たのは正位置の21 世界。
    意味は完全なる成功。
    これって78枚中で最も良いカード。
    翌年も同じく出版は成功するのか1枚選ぶ。
    同じく正位置の21 世界。



    確率は78枚の正位置と逆位置があるので1/156 それが2年連続で世界の正位置になるには
    1/24336 だったはず。2万4千336分の1
    通常こんなことはありえない。

    そんなモノを信じるおまえは乙女かっ! そういうご意見はもっともなんですけどね?
    別のことでもカードを引いてみたんですよ。
    まず異性運。
    出版がされるまで、異性は絶望と。
    出版がされたあとは成功と。 つまり女性とうまくゆく。
    そりゃ意地にもなるでしょ? 女断ち。
    21の正位置と出た答え、出版の道筋を曲げたくないって思えばこそ、絶望の道を進みたくなるのも人情と言うものですw


    これらは2002年9月3日の日記に残っておりました。
    以下に当時の日記サイトより抜粋
    -------------------------------------------------
    ここらでころころ脱線しようか?
    書いてるモノの命運が時折気になるのでカードで占託してみることがある。
    一年に一度くらいの間隔で間は必ず開けての事。
    去年は六月に、今年は八月に。
    結果はどちらも21の正位置。
    去年も今回も同じ21。
    おそらく最も望ましい結果が将来待っているのだと顕われているのだが・・・
    今年中にイケルか? 一枚引いてみたが1の逆位置・・・
    年内はだめかもしれん。
    では来年はどうなのか?
    これも一枚引いてみた、
    5の正位置。 引き立てに恵まれるらしい。
    引き立ててくれたり力になる人なり、世話してくれる出版社が現れるということなのだろう。
    しかし何故に来年?
    今年動いてもまるきり見込みないらしい。
    しかしなぜ? どうして?
    今年のアクションは全部無駄になるのか、それとも良き兆候が顕われるのが来年なのか?
    それとも来年からアクションしたほうがいいのか?

    書いてるものが一応の形になるまで異性運はまったく見込みないと去年答えがでている、
    剣8の逆位置とでている。 答えは絶望だと・・・ (;_;)
    しばらくお預け・・・
    書いてるものが収まればなんとかなるらしい、
    杯3の正位置とでた。 

    カードによる占託など鵜呑みにするほうがいけないのかもしれないが
    流れは一貫性あるんだよなあ・・・ でた答えに。

    異性運はどうでもいいからさ、書いてるもの本になってくれよ たのむよ (;_;)
    -------------------------------------------------

    しかしその後、つい最近まで、なぜ最高のカードである、21の正位置が2年連続で出たのか首をひねる思いでしたね。
    なぜだろう? こんなにも焼肉のタレに散々頭を悩まされ続けてきてるのに、
    こちらがオリジナルな証拠はあるのに、それでも彼はいきなりのスピードで大物になりすぎた。
    パクられまくってて、いったいこれでどうやって出版できるのか、突破してゆく道筋がまったくわからない・・・・・
    そう、思い悩んでいたのでした。
    え? ナニを急に話の途中で焼肉のタレが出てきちゃうかですって?
    まあ細かい事はどうでもいいじゃないですかW










    第十二話  懐かしの人たち

    0

       第十二話  懐かしの人たち

      2017年3月15日

      2008年頃、今の会社に入ってしばらくまで書いていた小生の日記サイト。
      その頃こっそり読みに来ていた奇特な方達ですが、
      そのほぼ全員がサイトを閉じたと思い、安心し、ここで少し触れてしまいましたが、
      今日、サイトを新たに始めている方を見つけてしまいました。
      よって、第十話の記事のその大半を消しておきます。

      相変わらず綺麗でした。
      一部の人しかその安否は解りませんでしたが、元気そうでなによりです。




      私はと言えば、今日、久々に、思い出したように、中島みゆきの「重き荷を負いて」を聞きました。
      自分のしてきたことは何なのか。
      自分はなぜこの道を進んだのか。
      少しもつらいと思ったことはないのに、
      人にはなぜ重い荷物を自分から背負うのかと問われても、
      重い荷物など何も背負ってない。 そう答えてきた。

      なのに、この取り残されたようなこの気持ちはなんだろうか。

      「重き荷を負いて」 cover 
      「お月さまほしい」 cover 





       


      第十一話 芸人

      0


         第十一話 芸人

        2017年3月14日

         
         前回、またもや三木みゆきネタを書いてしまいましたが・・・
        もしかするとなんかとんでもないさらしになってしまっているのかな?

        とまあ、30秒ダケ考えましたが、

        でもやっぱりそうじゃない!
        彼女にとってコレはおいしいことなんです。
        だって、彼女は、舞台女優なんかじゃなく、

              もはやエロ芸人だから。


         劇団の女座長 みゆきちゃんのツイッターは こちら 




         ↑↑↑
          ほれみろ








        ある日の、みゆきちゃんとの電話のやりとり

        みゆきちゃん  手料理食べさせてやるから今から埼玉の〇〇〇に来い! 

        椿薫       ボク、イキマセン・・・

        みゆきちゃん  いいから来いやゴルァ

        椿薫       やばいどうしよう・・・
                     もし行ったら、ナニサレルカワカンナイ・・・・・  (;_;) ビクビク
        あのさ、もう電話切るよ

        みゆきちゃん  あっ コラ 待てコラっ!

         ガチャッ ツー ツー ツー ツー


         「この物語は 多分 フィクションであり、実在の人物・団体とは一切関係ありません」



        ほんたうにおんなだちしてるのかカラダはってためしてやろうとしつこいの;;





        でもとてもいい子なので
        フォローしてあげてね 











         


        第六話 ペットと異性と癒やされと満足と。

        0


           第六話 ペットと異性と癒やされと満足と。

          2017年3月4日


           第三話に書いた、2月25日、上野でNSのメインメンバーばかりが集まって飲み会をしたわけですが、
          実はさらに一週間前の土曜日、大手の現場で職長として入ることもあるNSメンバーの一人とやはり上野でサシで呑んでおりました。
          一軒め酒場 上野アメ横店 ここ、ロックで注文してんのに水でめちゃ薄めたもん出してくんじゃねえw くいもんのみもんの恨みはこわいんだぞw)

          この時ですね、面白いことを言われたのです。
          ペットは飼ってはダメだよ、と。 私はこれを聞いて絶句してしまいましたわ。 えぇぇぇぇー? とね。
          彼が言うには、ペットを飼うと満足してしまうのだとか。
          これを聞いて、ああなるほどと頷きました。
          要は日々の向上心とか前向き姿勢とか、癒やされすぎてしまい、保てなくなるのかもしれないなと。
          しかし私の住んでるマンションはペット可物件。 どころか、事務所可物件ですらある。
          落ち着いたら犬や猫に囲まれて暮らしたい、そう思いココに引っ越してきたのに・・・
          部屋は6畳8畳リビングが7.5畳と、独身身分としてはペットを飼うには最適な間取りなのに・・・・・

          でも小生はココで思う。 癒やされたからと言って、向上心や前向き姿勢を無くしてしまうほど俺は小さい男か?
          自分で言うのもなんだが、驚異的な精神力と持続力、一度決めたら邁進し続けて活きてきたのではないのか?
          前々から進めている原稿も未だあきらめてなどおらんし、
          バカげた話だが、以来併せて願掛けのつもりで続けてきた女断ちだってこれまで破らなかった。 (さすがにもう解禁するけど。 元来女好きだしw)
          仕事も、雇われの建設業だからといって手を抜いたり楽してやろうとサボリ根性出したことは今まで 1日だって無い。
          就業時間さえ過ごせばいいなんて考えて働いたことは一度も無い。
          当然人になすりつけて楽したこともない。 現場では常に、面倒な仕事、汚れる仕事、人が嫌がる仕事は誰よりもまず自分が動いてきた。

          人が嫌がる仕事を誰かがやるのを期待するなんていう、情けない心を自分に認めたことはこれまで一度たりとも断じて無い。

          この俺が、そんな恥ずかしい仕事などできるか そんな恥ずかしい人間になどなってたまるものか!

          仕事をする以上、必ず全力全開でやる。 周囲や現場の親方がどう働いて欲しいのか、暇なタイミングができたならどう動いて欲しいのか、
          ナニを求めているのか、かゆいところに隅々手が届く、まるで秘書になったつもりで奉仕全開で働いてきた。
          これは誰にも真似が出来ないくらいにだ。

          これまでよく、現場で言われ続けてきた言葉。
          おまえはなんでそこまで仕事をするんだ?
          仕事をする上で、投げかけられてこんなに嬉しい言葉はないよね。




          手を抜かない。 これは財産なんだと思う。
          常に全力全開でやる。 これは財産なんだと思う。
          人の嫌がる仕事は人をアテにせず、まず自分が動く。 これは財産なんだ。
          誰よりも秘書の如く隅々行き渡るように働く。 これは財産なんだ。

          だから言う、
          もし、ペットを飼っても、それで癒やされても、私は向上心を無くさない。


          なんだけどぉー 昼夜働く連勤になることあるんだよなぁ・・・
          ごはんあげれないとイキモノは死んでしまうんですw
          やっぱりあきらめるしかないのかなぁ・・・・・

          まあちょい話戻そうか、
          言い方はよくないかもしれないけど、
          ペットと異性は癒やされるとか満足っていう点においては似てると思う。
          しかしだよ?
          異性がいるからこそ益々頑張ろうって人は世には居るのも事実。

          女断ちしたのはペットを飼うと癒やされて満足してしまい、向上心や前向き姿勢が崩れてしまう、
          このあたりも意識してだった。 これは本当。
          小生はブログ以前は日記サイトを書いていたんだが、そこにもこういうことを書いた記憶がある。
          でも、女断ちを解禁するのは、異性が居たら益々頑張ろうって人がいる、そこを思えばこそなんだ。
          ひとりで頑張るのはもう疲れたんだもん。







          以下は書籍化計画中のため非公開にしているメインブログの記事ですが、しばらくの間、再公開とします。
          愛と善意で生きるならどんな分野でも一流になる  
          霊性進化の基本中の基本 



          あ、ソースこぼしちゃった。




          第五話 超能力者 関口淳

          0


             第五話 超能力者 関口淳

            2017年3月1日


             風呂入ってさっぱりしたところで、さあ晩飯と思いきや・・・
            炊飯器にも冷凍室にもご飯がない・・・・・
            というわけで、買いだめしてある冷凍食品で済ますと。

            手っ取り早くライスバーガーね。 でもこれだけだと栄養かたよるので豆乳をアーモンド効果で割って飲みまする。

            ライスバーガー



            豆乳







             ちょいと内輪の話になってしまうので、ここの部分だけは読み飛ばしてもらって構わないのだが、 (青文字部分)
            第三話で少し触れた、職場の人々には、ここのブログしか教えてない。 なぜならわざとここを教えたのだ。 メインブログを探されないために。
            今まで職場の者誰にもメインブログは教えてない、 それは長らくM良さんにも、K島さんにもだ。
            数日前呑んだ勢いでグチ電話したときにM良さんに問い詰めたんだが、なぜメインブログの方のアドレスを知っているのかと。
            これまで数年間絶対に教えたことはない。 教える必要がないし意味がない。
            社の内勤者らには建設系の仕事しかできない筋肉バカと思われていた方が都合がいいからだ。
            なぜメインブログのアドレスを知っているのか・・・ しかしM良さんは私から教わっていたと言いはる・・・
            しかもなぜK島さんにわざわざアドレスを教えたのか・・・ 教える必要も必然性もないだろうに・・・・・

            どうやらK島さんにはメインブログを読まれた様子。 社の者にはメインブログは隠したかったよ。
            自分自身のこれまでの生い立ち部分とかも読まれてしまう。
            どんな人生を送ってきていたのかも。 
            ああゆうエピソードを書き綴れるのはさ、閲覧読者が普段は生活圏にはいないからこそおおやけにできることなんだよね。
            しかもだ、「ことはじめと展望」、これを読まれたぽい。 態度の豹変ぶりはこれを読んだとしか考えられないから。
            アレは自分自身の中にあった醜さや、到底信じられない不可思議な出来事や、
            なにより、パパ世代ってバレちゃうw だから生活圏にいる人誰にもみられたくなかった。

            歳はさ、黙ってさえいれば、見た目は30代半ばから後半くらいで普段通るからね、だから余計に普段は誰にも黙ってるわけだ。w


            まあとにかくだよ、読まれてしまったなら仕方ない。 こちらのブログではメインブログのリンクは貼るつもりはなかったんだが、
            今更だから近日貼ってしまうか。

            社の者にバレたんなら仕方ないさ、 ここでもメインブログでも、何一つ気兼ねすることなく、なんでも書いていってしまおうか。
            社の者のためにブログを始めたんじゃないんだからね。
            メインブログではどうしても書けなかった事とかも含めて。
            メインブログはさ、公の顔であって、お堅すぎて吐き出したくても書けないものがいっぱいあった。






             どうせここにメインブログをリンクしてしまうんならさ、
            本来ここでは書かない予定だった神通力に関した事も書いてしまおうか。

            神通力で思い出すのは、まだ幼少の頃、小学生だった頃、
            同級生の兄が一世を風靡した関口淳君だったこと。
            超能力者、関口淳。  
            特に小4以降、よく淳君とその妹と、たまに遊んでたことがあった。 それはかくれんぼだったり、缶蹴りだったりとかね。
            なにしろ昭和世代だからね。 ファミコンとかもないから。
            いつも淳君には勝てなかった。 上級生だし、運動神経もずっと上だったし。
            TVで淳君の念力、スプーン曲げが流行り出した頃、
            意外に思うかもしれないけど、あれだけ世間を大騒ぎにさせておきながら、
            我ら淳君の妹のいるクラスでは誰も騒がなかった。
            へえ、お兄さんがTVに出たんだ−? 位にしか話題にならなかった、不思議とそれ以降も。
            でも淳君の学年やクラスでは大変だったらしい。
            同級生らから毎日のようにスプーン曲げてみろとか散々からかわれていたとか。
            彼がインチキをするような人じゃないのは接していてよく理解してたから狂言でもホラでもないことは分かっていた。
            同級生らにからかわれたり好奇の目でみられていた事を我がクラスのみんなは知っていたんだよね。
            だから静かにそっとしていたんだと思う。
            淳君の妹ね、真由美っていうんだけど、お互いに初恋の人だった。
            学校内一の美女だった。 男なら誰もが彼女を好きだったと思う。
            なぜ下の名前を出してしまうのかって?
            それはね、どうやら彼女は2.3年前にもう死んでいるから。

            お互いが好きになって、初恋の相手になったのは、遠足の時。
            バスで隣同士の席になって、いっぱい話して、ガキのくせにナマイキなんだけど、バスの中でひざまくらしてもらいながら眠り、帰路に向かったのを覚えている。
            初恋同士になる前は、よく身体をつねったりして少しだけいじめていたっけ。


            よくさ、死んだら初恋の人の許に挨拶に行くって言うのがあるじゃない?
            彼女が死んだらしい日、夢の中でさよならを告げに来られた。
            夢の中で私は冷静で、彼女に向かって、彼女に関したある人にお金を貸したままであることを話していた。
            すると彼女は私がそのお金を払うと言い、みたこともない紙幣を沢山私に渡し、そして消えていった。
            もしかするとあのお金は、あの世のお金なのかもしれない。

            小学校卒業の2.3日前、学校帰りの時、待ち伏せされて一緒に帰ることになった。
            お互い住んでる家も帰路が同じ方向だったからね。
            帰路に向かいながら彼女は言う、卒業したら、学区が違うから同じ中学には入れないけど、引っ越しをしてでも同じ中学に通うから待っていてって彼女は言う。
            彼女の父親は作家であり、また、不動産屋でもあったから、もしその父さえ口説き伏せたなら本当に同じ学校に通えるのだと考えていたのだろう。
            でもそれは叶うことはなかった。



            第四話 髪の毛フサフサ情報満載

            0


               第四話 髪の毛フサフサ情報満載

              2017年2月27日

               今日は髪の毛に良い情報をネットで集めてみました。


              まずはこの記事を読んでみませうか。
              いきなり衝撃間違いなし。
                   ↓

              【驚き!】ひまし油がすごい効果!  

              猫っ毛や薄毛にひまし油が効くってマジ!その育毛効果がハンパない!  

              トリートメントやヘアパックにもいいらしい。
                   ↓
              ヒマシ油でヘアケアしてみませんか?ヒマシ油って髪の毛にいいんです。  


              本日の主食
              昨日買ってきたコーヒービート、全部食べてしまいました。




              第三話

              0


                 第三話

                2017年2月26日

                 小生、実は他にも堅苦しいブログをやっておりますが、こちらのブログでは以前から書きたかった、
                もっとくだけた、気兼ねなしで書けるものをやっていきます。

                職場のK島さんにはこちらのブログだけしか教えてないが、
                なにやら様子がおかしい。

                小生は前からくだけた感じのブログをいつかやりたいと常々思っていたわけでして。
                別に薄毛だからとかK島を見返そうとか考えて始めたわけではない。
                場末のスナックのねーちゃんみたいな顔してヤガッテ、ツンツンスンナヤ。



                 さて、昨日はNSメンバーで飲み会だったわけですが、行って参りました。

                大手町1−1に集結していたメンバーばかりが集まりまして、
                上野のスタミナ太郎で食べ放題。
                そのあとカラオケ。 小生は音痴なので歌えそうなのを1曲だけ歌うと。
                その合間、職場に電話しグチってた記憶があるようなないようなw
                M良さん、酔っ払っててごめんなさい。



                 さっき、スーパーでみかけたのでついつい買ってしまった懐かしのお菓子。
                なんだか食べるのがもったいない。










                小生のアンティークコレクション1
                1917年製 イギリス産 シガレットケース 
                あまりに可愛く美しい。 これは一目惚れで入札に参加。 海外オークションで意地になって落札。 関税込みで40000円弱
                生産年や制作された鍛冶屋等を示すホールマークあり。
                純銀製 銅ぽく見える箇所は装飾に多くみられる金9K
                裏地は18Kか24Kメッキと思われる
                当時シガレットケースでもこのクラスになると富裕層が持つクラス。
                これは1923年に、とある博士が看護婦にプレゼントとして送られた印が長文の刻印から伺い知れる品。
                 

                 
                 




                 


                第二話

                0
                  生まれてすいません ハゲててごめんなさい 第二話

                  2017年2月24日

                   今夜は資金調達完了。
                  明日はNSメンバーで久々に飲み会。
                  方南町の一心太助か上野かどっちかになる予定。


                  このあと秘密の伝言があるけど、
                  パスワードにとある人の名字をローマ字で入れないと読めません。





                  生まれてすみません ハゲててごめんなさい  第一話

                  0

                    JUGEMテーマ:日常

                    生まれてすいません ハゲててごめんなさい 第一話





                    2017年2月20日


                    ことのきっかけは今から1ヶ月ほど前のこと、
                    職場の女子事務員にハゲとののしられたのですw

                    突然面と向かってナニを言い出すかね?
                    ボカァキミに何かひどい事でもしたかね?
                    最近ひどく気にしてたのに・・・

                    言い返したかったけど、何も言えなかった・・・

                    ハゲだって血の通ったにんげんだよ

                    なあんてことをもし言い返そうものならギャグになってしまうので、
                    女子事務員K島さんは抱腹絶倒しかねない
                    よって言い返すのをヤメル。



                    ハゲに冷たいK島さん
                    ハゲをいぢめるK島さーん

                    あなたのおかげで決心しますた。
                    ヨシ、治そう。

                    と言うわけで、育毛や頭皮に良いと聞く、ひまし油、別名キャスターオイルをAmazonでポチしました。




                    あとは食生活の改善ですな。
                    と言うわけで、本日、休憩時間中に髪に良い食べ物は何か検索してみました。
                    すると、やはり植物性タンパクやビタミンがいいそうで。

                    で、本日買い物してきましたのが以下のとーり。

                    豆乳や納豆、ビタミン入りの卵などなど。
                    ついでにこの際シャンプーも変えようとサクセスも購入。




                    本日の夕食



                    サイコロステーキピーマン添え
                    レタスとトマトのサラダ
                    レンジでチンした冷凍ごはん

                    植物性タンパク入ってないが今日はヨシとする。



                    冒険は続く






                    注 松山千春をDisってるわけではありません。

                    季節の中で  
                    銀の雨   
                    本当にいい曲です。



                    当ブログのタイトルは太宰治のパロディです。




                    | 1/1PAGES |